株式会社アワシャーレは2019年10月20日に2回目の設立記念日を迎えることができました。

日頃から様々な場面で支えてくださる皆さまには、心から感謝申し上げます。その気持ちをお伝えするため、『アワシャーレ2周年記念デイ』を10/ 20(土)、21(日)の2日にわたり、ダイアゴナルラン東京にて開催いたしました。

総勢100名以上の方々にお越しいただき、アワシャーレの1年とこれからをシェアする場となりました。代表の小嶋から、これまで1年の振り返りと今後の展望について、さながら株主総会のようにお話しすることから始まりました。

2nd-001
2nd-002

稲葉哲治さん(人事コンサルタント)と篠田るみさん(ソーシャルアクティビスト)が、総合司会として、安全な場を提供してくださいました。

2nd-003
2nd-004

感謝をお伝えするため、ゲストの方には2019年度のキーワードであった「革命」についてお話しいただきました。

20日のゲスト、秋田県大館市在住の麓幸子さんは、誰もが生きやすくなる社会をつくる革命を起こしておられます。ちょうど1年前、当時は日経BP社に所属しておられた麓さんでしたが、アワシャーレ主催の「こじみシェア」や「革命塾」に参加され、瞬く間に見事転身されました。社会との関わりや未来をつくる話は、参加された皆さんの心に革命の種を蒔いていました。

2nd

21日には教育で革命を起こす大谷真樹さんと映像で革命を起こす小西遊馬さんでした。大谷さんは、日本の教育に疑問を抱き、「インフィニティ国際学院」を開校するに至った経緯やそこで実現しようとされていることをお話しいただきました。なんと直前に訪れていたアフリカ大陸で小嶋からの依頼をお読みになり、お引き受けくださいました。子どもたちが自由な発想で学べる場を作るため、文字通り世界を飛び回っておられます。麓さんと小嶋が革命の手ほどきを受けた師でもあります。

2nd-006

小西さんは、映像ジャーナリストとして活躍する現役大学生。小西さんも1年前は聞く側としてこの会に参加されてました。この1年間に世界や日本の映像を次々とつくり、若い人たちが知り、感じ、考え続けられるよう影響を与えておられます。会場を真っ暗にして、小西さんのショートムービー「   」を見た後、ジャーナリストとして大切にしていること、伝えていきたいことを伺いました。

2nd-008

現代の革命は安全な場から始まる、とアワシャーレでは考えています。だからこそ、穏やかで安全な場づくりを心掛けました。

会場で提供したみずみずしい葡萄は、山梨農業女子から直送いただきました。片山京子さんは企業の女性リーダーとして活躍されていて、その後、山梨を拠点に革命を起こしている一人です。「こじみシェア」やエシカルペイフォワードにもお越しいただいてます。

軽食は、恒例の加藤麻織さん(管理栄養士)によるもの。見た目が華やかなだけで無く、健康やエシカルに配慮して作られたお菓子の数々。砂糖を使わないのに甘味のあるお菓子(アップルパイ、スイートポテト、ガトーショコラ)は、心も身体も満たしてくれました。

2nd-010
2nd-009

子ども連れの参加もあり、あちこち走り回る姿は、安心と刺激の両方を与えてくれました。

ご参加の皆さんも互いに新しい出会いや懐かしい再会を楽しんでおられました。

2nd-009

「あなたにとって ダイバーシティとは」と題し、一言メッセージも書いていただきました。
ありがとうございました。

【YouTubeでご覧ください】

3年目に入ったアワシャーレは、これからも安全な場に革命が起きると信じ、小さなことを近いひとたちと分け合っていきます。これからもみなさまと歩めることを楽しみにしております。ありがとうございました。

株式会社アワシャーレ 小嶋美代子   

error: