株式会社NTTドコモさまは、お客様に魅力的な価値を提供していくために、性別、年齢、国籍など属性が異なる多様な人材を内包し、企業の強みに変えていく、
ダイバーシティ・マネジメントを追求し続けています。
https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/csr/about/diversity/

 2006年に開始された女性役職者のキャリアアッププログラム「Win-d(ウィンド)」で女性のロールモデル育成に力を入れておられます。
2018年2月26日午後、Win-dメンバーを対象にしたダイバーシティ・フォーラムが開催され、
入社4年目を中心に約100名の女性社員が集まりました。
 フォーラムでは、本昌子ダイバーシティ推進室長から、フォーラムの目的と参加者への期待が伝えられました。
次に、弊社小嶋美代子が、女性社員のキャリアと成長について講演とワークを実施しました。

 真剣な表情でメモを取りながら傾聴する姿勢や、積極的な質問から、日ごろの意識の高さを感じました。続く先輩女性社員との対話会でも、積極的にお互いのキャリアや仕事で実現したいことなどの意見交換が活発でした。
 最後に医学博士の宋美玄先生による「知っておきたい女性の健康」と題した講演もあり、
参加者のみなさんは仕事と生活の両面で自分自身を振り返る貴重な機会となりました。
 このフォーラムは、NTTドコモ女性社員のみなさんの活躍を象徴するものとなりました。