ダイバーシティ経営、ブランディングなどを中心に、未来の姿を描くサポートをします。

推進リーダーの方々を中心としたチームで客観的かつ専門的見地から意見を述べ、同時に進捗管理もしながら全体を進めます。現状把握に必要な指標と標準値の提供、他組織との比較も可能です。

トップダウン戦略の場合には、ダイバーシティの意味定義に始まり、トップのゆるぎないリーダーシップを支えます。業界や競合を意識した戦略によって競争戦略の一つとして組み込むことも可能です。人事制度設計は時代とともに変化していますので、現在と今後の設計に強いコンサルタントが将来の動きを見据えた設計をサポートします。

ボトムアップ戦略の場合には、ダイバーシティを一人ひとりが自分のこととして納得し、やらされ感なく行動できるように士気を高めます。経営戦略だから、の一言では主体的に行動できません。自分自身のこれからのキャリア・家族・社会を考えることで多様性の理解を深めます。

会議参加型

  • 調査結果および専門情報の提供
  • 部外者視点からの情報および意見の提供

プロジェクト型

  • ダイバーシティ委員会運営支援
  • メンバー選定とロードマップ作成支援
  • 定量評価および定性評価の支援